「男ごころ」と「女ごころ」

キティです。

九月になり、一気に「一年」が通り過ぎて行く様な気がします。
先日、天気予報士の方が、「男ごころと、秋の空と言いますね~」
と言われていて、「えっ?、女ごころでしょ~?」と・・・
(こころの中で、闘志を燃やし反論するキティでした。)

調べてみると、
秋の空模様と移り気な心模様を重ねたことわざで、
「男ごころ」、「女ごころ」
どちらも、正しい事を知りました。

更に、
どうして「男心」と「女心」バージョンがあるのでしょうか?

もともとは「男心と秋の空」で、男性の変わりやすい心を例えていたようです。
主に女性に対する愛情が変わりやすいことを指しています。
「男心と秋の空」のことわざが出来たのは江戸時代。

では、
「女心と秋の空」と言われる様になったのは?

大正デモクラシーで女性の地位が向上し、恋愛の価値観が変わります。
西洋文化の影響で女性が素直に意思表示出来る様になったこともあり、
このころから「女心と秋の空」とも言われる様になったとか。
愛情に限らず、喜怒哀楽の感情の起伏が激しいことや、物事に対して
移り気なことを示していて、男心とは、少しニュアンスが違う様です。

昭和に入り徐々に「女心」も定着してはいきますが、
「広辞苑」に初めて掲載されたのは、1998年の第5版。
今でも、ほとんどの辞書が「男心」をメインにしていて、
「女心」が出ていない辞書が多い様です。

どちらを使っても間違いではなさそうですが、


「女心と秋の空」
しっくりくるキティです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

ここはな

Author:ここはな

「~北見・オホーツク 
生活応援サイト~
ここはなひろば」


オホーツク北見地方のお出かけイベント情報あります♪北見のことを知りたい人は↑をクリック!!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

夢をかなえるパワフル主婦チーム
『ここはな』


それぞれの夢・目標に
向かって頑張り、
自分らしい”はな”を”ここ”に
咲かせるため、
前を向いて歩き出そう。

子育て中こそ、スキルアップ、
ステップアップの時なのです。

母として、妻として、女性として、
輝ける人生を。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

現在メンバーは15名(2017/9月現在)
北海道北見市にて活動中


【ここはな連絡先メール】
cocohana_kitami@yahoo.co.jp

月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる