FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by ここはな
 
[スポンサー広告
子供の勉強空間を考える
こんにちは!

いくちゃんです(^-^)/

9月10日にサークル内講師ということで
「子供の勉強空間を考える」
という講座でお話させていただきました。
子供の勉強空間を考える_1383

主な内容は
勉強環境・空間に大切なこと。

何年生から(子供)勉強部屋は必要か。

勉強部屋を作る場合の注意点

子供部屋のインテリアコーディネート

シェアタイム(感想)


参加されたメンバーは
「転勤族」「持ち家」「賃貸」

などさまざまな方がいました。

大事なポイントは
「家の広さと子供の性格に合わせた環境作り」

Q.家が狭いけど、個室は必要?
A.「いいえ、いりません、子供に合わせるのではなく、子供が合わせるくらいでOK」

Q.勉強までいかないけど、ワークスペースはどこに配置すればいい?
A.「ワークに集中したいときは工夫して部屋を間仕切ってみて場所はどこでもいいですよ」

Q.何年生から部屋が必要?
A.「子供の性格を見極めてからで間に合います、個室じゃなくてもいい場合もあります」

Q.異性兄弟の場合は?
A.「できれば個室があったほうがいいが、無理に作らなくてもOK、社会生活を学ばせるいい機会です」

Q.勉強がはかどる色は?
A.「主にブルー系、椅子の布地や書類ケースなどで気軽に使ってみて」

Q.長時間勉強しても疲れにくい色は?
A.「ベージュや肌色、自然に近い色なので気持ちも自然体になりやすいでしょう」

子供の勉強空間を考える_1241 のコピー


実際に年齢の大きなお子さんを持つメンバーや
過去の自分達の子供部屋に対する思いなどもシェアしながら進めていきました。

結果、
近い将来部屋をつくらなきゃ!
と思っていた気持ちから、
子供の性格や経過を見てどうするか決める
という感想が多かったです(´∀`*)

私も転勤族なので、もちろん子供部屋を持つのも転勤先の住まい次第ですね。
先々の不安よりも、今の現状を大切に。
そして、子供のことをよく観察してください。

それが親にできること(=親にしかできないこと)です♪



ブログやってます。
良かったら見にきてね(^∇^)
インテリア・建築・消しごむはんこに囲まれて
http://ameblo.jp/north-ikuko
スポンサーサイト
Posted by ここはな
comment:0   trackback:0
[取り組み報告
comment
comment posting














 

trackback URL
http://cocohana2010.blog130.fc2.com/tb.php/528-fe83d0f7
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。